施工の流れ

【塗装工事の流れ】

1.足場の設置
初日は足場を組み、足場全体にメッシュシートを掛けます。
メッシュシートを掛けることにより、塗料やホコリの飛散を防止し、同時に塗装する職人の安全を確保します。

              ▼

2.高圧洗浄
塗装する部分の汚れを高圧洗浄で落とします。
汚れや、劣化した古い塗膜がこびりついたままでは、新しい塗料をしっかりと建物に密着させることができません。
高圧水で汚れをしっかり削ぎ落としておけば、塗装の持ちが良くなります。

              ▼

3.下地処理
経年劣化した建物は、ひび割れや欠けが発生していることが多く、そのままにしておくと雨漏りの原因になります。
下地の補修は、塗装の寿命を決める、塗装工事のなかでも大変重要な工程です。
経験豊富な腕利きの塗装職人が丁寧に作業いたします。

              ▼

4.養生・マスキング
塗装をしない部分が汚れないよう、テープやビニールで覆う作業のことを、養生、またはマスキングといいます。
テープが浮いたり、シートがズレないよう、しっかり固定することで、施工箇所以外への塗料の付着を防ぎます。

              ▼

5.塗装
通常は下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ)の3回塗りで施工します。
3回塗ることで塗膜が厚くなり、防水の効果が長続きします。

              ▼

6.確認、補修
養生を剥がし、塗料のはみ出しや剥がれがないか、隅々までしっかりと確認します。
必要があれば補修を行い、良質な施工をお届けできるよう努めます。

              ▼

7.足場の解体
初日に組んだ足場とメッシュシートを撤去します。
同時に周囲の清掃を行います。